宗旨と教え

泉蔵院は真言宗智山派に属する寺院です。


真言宗とは

弘法大師空海上人によって開かれた仏教(密教)の宗派です。
平安時代初期に弘法大師空海上人は中国より密教を伝え真言宗を立教開宗。
816年(弘仁7年)高野山を修禅の根本道場として開創しました。
823年(弘仁14年)嵯峨天皇より京都にある教王護国寺(東寺)を勅賜され鎮護国家の道場としました。
この両寺を中心に真言宗として教えを広めていきました。


智山派とは

平安時代後期、高野山の座主を務め、和歌山県にある根来寺を開いた興教大師覚鑁上人の教えの流れを新義真言宗といいます。さらに江戸時代の初め、新義真言宗の流れを汲む玄宥僧正により、根来寺の中にあった学頭寺院である智積院を京都東山の地に再興したのが智山派の興りです。